女性の声が届けば政治の中身が変わります

「議員は男女同数をめざす」は世界の流れです。ところが足立区議会には現座、定数45人のうち、女性議員はわずか8人しかいません。そのうち4人は、日本共産党の女性議員です。

女性の願いが区政に反映されにくいはずです。

私は、国連NGO女性団体「新日本婦人の会」で活動してきた38年間の経験を生かし、女性の声がまっすぐ届き、子どもからお年寄りまで、みんなが幸せになれる区政をめざします。



ストップ! 消費税10%増税、憲法9条改悪

安倍自公政権がこの10月から強行しようとしている消費税増税。景気が後退し、くらしがこんなに大変なときに、10%なんてとんでもありません。

憲法9条の改悪は、日本を再び戦争する国へと向かわせるものです。足立区の若者を、戦場へと送るわけにはいきません。

くらしと平和を守るため、この足立から増税・改憲ノーの審判を下しましょう。

プロフィール

  • 1952年、群馬県生まれ。
  • 群馬県立高崎女子高校、横浜市立大文理学部卒。
  • 大学卒業後、横浜の市立小学校臨時教員をへて新日本婦人の会の専従として、神奈川県本部常任委員、中央委員など38年間勤務、女性の人権や憲法9条を守る分野で活動。
  • 特技は合気道、趣味は映画、ガーデニング、英会話。
  • 足立区皿沼3丁目在住。

詳しく見る

こだま紀子 on Twitter

私のお約束

01

高すぎる国保料の値下げを

日本共産党は、公費1兆円を投入して、国保料を中小企業の労働者が加入する「協会けんぽ」並みに引き下げるよう提案しています。

また、都内で4市が行なっている多子世帯の軽減。足立区でも、子どもの均等割(一人当たり年額5万2200円)を半額にできるよう、がんばります。

02

23区で一番高い介護保険料の負担軽減を

足立区の介護保険料は、23区で一番高く、お隣の北区より年間で5000円、荒川区より7000円も高くなっています。

1人あたり5000円の保険料引き下げを実現します。

03

いじめのない楽しい学校に。不登校支援拡充を

過度な競争と管理教育におかれている足立区の子どもたち。不登校の子どもは23区で最多です。

私は、区独自に教員を増やし、少人数学級を実現して、子どもたちに寄りそった楽しい学校づくりをすすめていきます。

04

すべてのがん検診、学校給食を無料に

23区で唯一足立区だけが3割負担で2000円以上かかった女性のがん検診は、共産党区議団の31回にも及ぶ追及で、ワンコイン500円で受けられるように。

次はすべてのがん検診と学校給食の無料化をめざします。

05

「はるかぜ」の増便で交通不便の解消を

買いものに行くにも困難な交通不便地域に、コミュニティバス「はるかぜ」を増便します。

通勤ラッシュで大混雑の日暮里・舎人ライナーは、東京都にはたらきかけ、現在の5両を、6~7両編成に変えさせます。

応援メッセージ

前衆議院議員

池内 さおり

こだま紀子さんは何事にも前向きで明るく、エネルギーにあふれていると同時に、子どもや女性、高齢者に寄り添い共感する、やさしさと強さを兼ね備えた頼もしい人です。ぜひ区議会に送り出して下さい。

江北3丁目

筧 証

こだまさんは、平和憲法9条を守るために先頭に立って国会前行動に参加し、安倍政権の暴走ストップへ奮闘してきました。堂々と区民要求を掲げて実現する力を発揮してくれると思います。

谷在家2丁目

泉 幸子

子どもたちに窮屈な思いをさせないで、大人たちがゆとりをもって子どもの成長を支えていける足立区にしてほしいです。少人数学級の確立や校内が学童保育の充実、認可保育所の増設、貧困対策がすすむように、こだまさんに期待しています。

私の跡継ぎのこだま紀子さんを必ず区政へ押し上げてください

こだまさんは、行動力が抜群で、まっすぐに、くらしの願いを区政へ届けることができる人です。党派を超えて押し上げるために、私も頑張ります。

元足立区議会議員

さとう 純子

こだま紀子さんを推薦します

飯塚 美智子
元保育士

石川 千代子
元足立区議会議員

小田桐 文子
東京ほくと医療生協宮城小台支部長

加藤 美鳥
足立区生活と健康を守る会会長

児玉 洋介
東京総合教育相談センター所長

坂野 春夫
年金者組合足立支部支部長

佐藤 洋史
元都立高校教員

清水 増雄
足立ピースフラワー合唱団副団長

高橋 幸一
元足立西民商鹿浜支部長

田辺 康一
診療所所長・医師

豊岡 多恵子
新婦人モナリザ班班長

若尾 芳平
元足立西民商会長

渡辺 信俊
江北4丁目アパート自治会役員

渡辺 紀子
公的住宅を考える会